本文へ移動

契約までの流れ

契約からアフターフォローまでの流れ

1.営業

電気工事会社の仕事は、まず、営業活動からはじまります。仕事をいただくための業務です。
新規のお客さまに対し、自社の実績・特長などをアピールした会社案内等により積極的に営業活動をし、お客さまに、好印象を与える努力をすることで受注につなげていきます。

2. 企画技術

これからの営業は、小野電気商會のよいところをアピールする力が必要です。
 
持てる技術力を十分に発揮しお客さまの要求にあった魅力ある企画を創出し提案するとともに、営業担当者も力を磨き、専門知識、経験を活かして営業活動を行います。

3、設計

お客さまの要望を、小野電気商會の技術を用いて、与えられた予算の範囲で設計します。図形はCADで作成することが多くなりました。

4. 概算・見積もり

設計図に基づいて、使用する材料を拾い出します。

それに関わる材料費、労務費、運搬費、現場経費等全体の工事にかかる金額を算出し見積書を作成します。

5. 契約

見積もりした金額を検討し、その工事に最適な金額をお客さまに提出します。交渉によりお互いに納得した時点で契約書を取り交わします。

6. 施工

契約が成立すると、担当者が現場において、設計図をもとに、作業できるよう寸法などを記入した設計図を作成します。
 
技能者は施工図を見ながら工事をします。工事の進行にあわせ、技能者や資材の手配を最適に行い、工程に遅れないよう、また、安全に、より良い品質の工事を行います。

7. 検査

施工の段階で、いろいろな検査があります。小野電気商會で行う社内検査と、官庁検査及びお客さまが行う竣工引渡検査があります。
 
電気工事で特に重要な検査は、電気を使用する前に行われる検査で、国で義務付けており、お客さまが行うものです。これに合格しないと電気を使用することができません。
 
その他、完成した時点で都道府県や消防署による検査もあり、それぞれに合格することで設備が使用できるようになります。

8. 竣工・引き渡し

お客さまによる竣工引渡検査を受け、合格した段階で、機器の取扱い説明等を行い、お客さまへ引き渡しとなります。

9. アフターサービス・メンテナンス

引き渡し後、電気設備に対して、使い勝手や故障等、問題がないかを定期的に巡回し、アフターサービスとメンテナンスを通じてお客さまの大切な資産を維持管理するお手伝いをします。
TOPへ戻る